ORANGE SUN 

2017/01/13 15:34


上質かつ個性的なカカオがとれることで知られる、アフリカ南東部の島国マダガスカル。
マダガスカルカカオ100%にこだわったナチュラルなチョコレートを
70年以上作り続けている「ロベール社」のチョコレートをご紹介します





「Bean-to-Bar」一歩進んで「Tree-to-Bar」
カカオ豆のセレクト・焙煎からチョコ製造まで一貫して行うことを「Bean-to-Bar」と呼び、
コーヒー同様、ちょっとしたムーブメントになっておりますが、
ロベール社は農薬を使わずに栽培したカカオの生産から管理しているので、
さらに一歩先に進んで「Tree-to-Bar」を行っています。

原料生産地で最終製品まで製造するのは、
品質の観点からも、フェアトレード的な観点からもとても意義のあることです。





フルーティーな最高級オーガニックカカオ

世界でも最高品質と賞賛されているマダガスカルカカオは、
稀少なクリオロ種、トリニタリオ種、そして珍しいファラステロ種。フルーティーな酸味と香りが特徴。
同じ品種のカカオでもワインのように土や気候で香りがまったく異なり、
チョコレートの種類によって、その違いを楽しむことも出来ます。
原材料のカカオは、マダガスカル北部の熱帯林で農薬を使わずに栽培されています。
森を守りながら作られるチョコレートです。





美味しさへのこだわり 

通常は、カカオの匂いを薬品で取り除き、バニラなどで香り付けしているチョコレートが多いのですが、
ロベール一切薬品処理は行ないません。
また、ロベールチョコレートは、精製していないピュアなカカオバターを使用しておりますが、
高級なカカオバターをピュアなまま油脂として100%使用しているチョコレートはほとんどありません。
(通常他の油脂を代用したり、自社で作らず、安いものを仕入れたりします。)






ショコラマダガスカル ココアパウダー 70g 
購入はこちら




  • Home
  • About
  • Blog